迫桜男子準優勝

高校総体
平成24年6月3日(日)~5日(火)まで泉市体育館で高校総体卓球の部が開催されました。
結果は男子が団体準優勝、ダブルスベスト4、個人では東北大会に一人通過という成績でした。団体決勝は第1シードの古川学園でした。1番の熊谷選手がシングルスでベスト4に入った古内選手を3-2に破る活躍を見せ、2番目は迫桜のエース三野宮が若柳中学校出身の鈴木を破り2-0と追い込みましたが、後が続かなくインターハイの目標には届きませんでした。

女子は団体がベスト8でした。ノーシードからのベスト8は立派な成績だと思います。
ダブルス、シングルスは団体で燃え尽きたのか精彩がありませんでした。(^^;

男女とも言えることは、常日頃言ってる「団体で勝てる選手になれ!」が実践できたことでした。3年生の男子は東北大会が最後の団体戦になるので思い切りやって欲しいと思います。

女子は来月に国体予選があります。今回見つけた課題を中心に練習して有終の美を飾って欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>