第13回全国中学選抜卓球大会

3位トーナメント優勝※この写真の左に俺がいるのに写っていない。レンズが広角なので入りきれなかった(^^;

第13回全国中学選抜卓球大会が平成24年3月27日(火)~28日(水)に福井県営体育館で開催されました。私自身は、第9回が北海道千歳市で女子が2位リーグトーナメントでベスト8、第11回が沖縄那覇市で男子が2位リーグトーナメントでベスト4で、これで3回目となります。

初日の予選リーグ1回目は、鎌倉中学校(群馬)でした。前日の練習試合はそこそこ良かったのですが、キャプテン以外はみなガチガチでまるで氷の塊みたいでした。普段の力の3割前後の非常に内容が悪い試合でした。結果は2-3で初戦を落としました。8割のくらい力を出してもらえらば、十分いけたと思う試合でした。

2回目は中国の名門山陽女子中学校(岡山)でした。まるっきり力の差を感じさせられる試合でした。動きが素早く、体の軸がしっかりとしたところを是非見習いたいです。
予選リーグは2敗したので、3位トーナメントに回ることになりました。

2日目は16チームのトーナメントなので、負けたらあとがありません。せっかく福井まで(およそ車で800km)来たので、1回戦では負けたくありませんでした。

1回戦は平群中学校(奈良)でした。1番でエース同士が激突しましたが、見事に粉砕されました。少し相手が上でした(^^; 2番は相手は2番手、うちは初心者でまったく歯が立たず。
ここで絶対絶命です。終わったと思いましたがここから挽回です。ダブルスから勢いづいて逆転勝利。

2回戦は日吉中学校(愛媛)でした。1番はうちのエースが勝って、なんと2番目の卓球経験が1年未満の初心者が逆転勝ち。これが大きかった。ダブルス、4番と勝って3-1で勝ち。相手のエースは5番手においたみたい。2番の初心者が勝ってなかったら負けてかも。これでベスト4です。

3回戦の準決勝は泉丘中学校(茨城)でした。たまたま隣に座ったおばあさんが孫の応援に来たとか。なんとどこの学校か聞いたら泉丘中学校でした(^^;
なんでもダブルに出るとかでわざわざ茨城から応援に来たみたいです。ベンチでお孫さんの写真を撮って送りますと言って住所を聞いて別れました。全般は予想通りに1-1。ダブルスが勝負と思ってたら、フルセット10-8でリードしていて逆転負け。相手のダブルスは積極的にいったのが功を奏しました。うちドライブマンはびびってまったく打てず!
どうにか4番、5番が勝って3-2で辛勝。

決勝はこれまでに何度やっても勝てない石鳥谷中学校(岩手)です。
1番でエース通しが当たり、こちらが勝利。うちのエースは強いんですが、作戦は幼稚園以下<^^; なぜか相手が予想しているとこにボールを集めるのが得意とする。

度胸はある。石川の全日本カデットでは、朝に電話をかけてもノックしても起きてこない。フロントに行って鍵を開けてもらってやっとこ起こす。小さい時から英会話スクールに行ってるので日本語が解せない。セット数1-1迎えた3セット目の10-8でリードの場面で、タイムアウトをとる。ここは勝負どこだ。フォア前に下回転サーブをやったら必ずフォアにツッついて来るから必ずバックにドライブする。フォアにドライブしたらカウンターで打たれるからとアドバイス。うんと本人は大きく頷く。案の定フォア前にサーブをしたらフォアにツッついてきた。やったと思ったらなんと信じられないことにフォアにドライブ。それをカウンターされて失点(^^;
そこから追いつかれてて10-10。最後は17-15で振り切り、次のセットもとり3-1で勝ちました。

おっと横道にそれてしまった。エースはどうでもいいので、次の2番が負けて2-2。ダブルが勝負と思ってたらフルセット10-8でリード。この瞬間おばあさんの顔が脳裏を横切った。うちが勝ったら孫が不憫かなと。と思ってたらあっという間に逆転負け。子供達には常日頃、勝ったと思ったら負けだからときつく精神指導しているのに。まさにその通りになった!

ここで4番目が1セット目が17-15でとったが、1セット目は3-11で落としました。5番目は負けてたのでこれで負けたら終わり。3セット目は11-5でとり、最後は13-11で何とか勝つことができました。

今回の勝利はまさしくチームワークの勝利。一戦一戦子供達が成長していくのが手に取るようにわかりました。選手諸君ご苦労様でした。福井まで連れって行ってくれてありがとう。
来年は奈良だから一緒に東大寺の大仏を見よう!!!

※今回の全中では、県中体連の今野先生には大変お世話になりました。
宮城県卓球協会会長の柴田先生には、福井県までわざわざ足を運んでいただき、ありがとうございました。福井県のマッサージ師の先生方にはお土産を、メーカーのアシックス様にはTシャツをいただきました。この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>